So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

気  [音楽]

気 

おいらの住んでいる南箕輪村の近く。

 伊那市長谷に、気の里があって、

  そこは、その土地の気が、つよいんだそうだ。

   そこは、分杭峠っていって、山の中。

  しょっちゅう、行くわけにはいかない。

   で・・・

おいらは、特に、気のメーターを、

 持っているわけではないが・・・


  散歩していると、

   このあたりでも、気持ちのいい場所があって、

    遠回りでも、そこを通るようにしている。

オーディオ・システムでも、レコードでも、

 そう、気持ちのいいものがある。

   オーラが、違うのかな。

そんなおいらの関連ページは↓

 http://kuuki.iinaa.net/

遊 by わさび田のパパゲーノ [音楽]

遊 by わさび田のパパゲーノ

 漢字一字のタイトルとした。

  遊 by わさび田のパパゲーノ

遊んでいいよ。

  しかし、能力がないと、遊べない。

   むむむ

長野県・上伊那の幻のお米を、売り込んだことがある [音楽]

http://www.voiceblog.jp/papageno/578114.html

北海道といったら、毛がに、ウニ、鮭といった海産物や、
 バター・チーズなどの酪農製品など、ここ、山国・信州にいたら、
  ほしくなるようなものばかり・・・

 でも、逆に、ここ信州から、提供できるものって、なにもないかもね。

でも、ひとつだけ、おいらが、他県に、うりこんだものがあった。

  それは・・・・

おいら、あろうことか、米の本場の新潟に、
 長野県・上伊那の幻のお米を、売り込んだことがある。

 もっとも、情報提供だけどね。
  売り込んだ先は、
   五泉市のアイドル?
  BSNラジオ・大倉修吾さんのミュージック・ポスト。
   
 そこに、幻の米、しらけ餅の上伊那農民組合の組合長を、
  紹介した。

 で、その時に、おいらの曲が、かかるはずだった・・・
  しかし、大倉さんと、組合長の話が、はずんでしまい・・・
   かかるはずたったおいらの曲が、流れていないんだ。

 で、執念ぶかいな、おいら。
  8年後の今! ここで、聴いてもらえる・・・
   いや、たのむから、お願い!!
    一人でもいいから、聴いて!

 あんまりの、アホくささに、頭いたくなっても、おいら、責任とらねえど。

  それでは・・・ 

おいらの世界デビュー??? しらけ餅音頭、お聴きください。
ケロログに、おいらの幻の名作、
 しらけ餅音頭、投稿しました。

わさび田のパパゲーノ・作詞・作曲・歌です。
 以下のアドレス↓

http://www.voiceblog.jp/papageno/578114.html

白毛もち音頭

 1/ 白毛もち、食べたいな! とっても、食べたいな
     1000年以来、上伊那に、伝わるもちだから。
      農民組合のみなさまが、汗して育てた!
       幻のお米で、作ったもちだから。

 2/ 伊那の「グルメ」の名物は みんなが、知っている
     元祖 萬里の「ローメン」と 高遠の「亀まん」さーぁ
      そこに強敵、「白毛もち」、われらの「白毛もち」
       「はちのこ」、「ざざむし」、「いなご」だと-ぉ
        そんなものばっかし、じゃ、ねい。

 3/ 白毛もち、ころがしたぁ、「あんころもち」は、ねーぇ
     ふっくり、ほっくり、やわらかい、故郷の味なのーぉ
      あんまぁり、甘くって、うれしくって、いつしかぁ、あなたにーぃ
       あたしも、ころころ、甘えてたーぁ、
            あん!あん!!甘えてたーぁ!

 4/ 伊那の名物、くるみもち、香りの、くるみもち
     いちど、食べてみてごらん、ほっぺたが、おっちゃった
      遠く見守る「仙丈」も、やさしく、笑っている
       「井月さん」も食べたかな そんな「句」あったかなーぁ。

 5/ おれの代で、絶やしたら、じいさまに、すまねえなあ。
     先祖が残した宝物、1000年の宝物
      白い毛でひょろながく ちょっと作りにくいけど
       いついつまでも、守るんだー、白毛のもち米をー

 6/ 白毛もち米、実ったよ、おいらの、たんぼにー
     豊年満作、めでたいな、天の、贈り物
      鎌の切れ味、素晴らしく、あなたと、見交わす
       青い空に、駒ヶ岳、どっしり、構えてる。

 7/ 雪のように白い肌、あなたが、噛んだから
   あなたの歯のあと、くっついて、しっかり、くっついて
    勘違いしないでねーぇ、あなたも悪い人
     白毛餅のことなのにーぃ・・・
       白毛餅のことーぉ 

   さあて、これで、どうだ!!!!??

 8/ 朱鷺のような米だから、幻になるかも
    絶滅寸前もう一歩、みんなで助けてよ
      朱鷺には、無力のあなたでも、
        こんどは、大丈夫
    あなたがおいしく食べるだけ、
          おいしく食べるだけ

 今、白毛餅は、みごとに復活し、
  このあたりのみやげ物店・スーパー
   どこででも、見るようになりました。

 おいらのこの歌は、今だに、お蔵入り。
   絶滅寸前もう一歩、みんなで助けてよ。
    でも、 まあ、いいか。

 あとは、そんなしらけ餅が本当に、あるんだって、証拠。
  おおぼら吹きのおいらだけれど、これは、本当。

 あなたも幻!の白毛餅を守ろうよ!!

  レコードを聴くことも、もはや、絶滅寸前かもしれません。
   なにか、人ごとでない気が、とってもします。
     白毛餅、本音で、おいしいですよ。

  朱鷺のような米だから、幻になるかも
    絶滅寸前、もう一歩、みんなで、助けてよぉう
     朱鷺には、無力のあなたでも、今度は、だいじょうぶ
       あなたが、おいしく、食べるだけ、
         おいしく、食べるだぁーけぇ              

     白毛餅 「しらけもち」 について

  上伊那地方に伝わる、幻の古代米もち米 
   「白毛もち米」 から生まれたお餅です。
    「味、香り、ねばりの良さ」 が、特徴の、
      とっても、おいしい、お餅です。
    生産量が少なく、必ず、入手できるとの、
     保証は、できませんが・・・

 白毛餅の産直 / 上伊那農民組合のホームページ
      http://www.janis.or.jp/users/miijima/             
          ℡. 0265-72-8487 まで

おいらのつくった 長野は雪 という曲です。 [音楽]

おいらのつくった 長野は雪 という曲です。

長野は雪 Nagano !Durante la nieve del amor!

 雪! ひそやかに降る すべてを許して
   この街で 今! 君と 生きていくから
     雪! 二人は 祈る 永遠を 善光寺
    手を合わす 君のシルエット 今! 響く鐘が!
  長野は 僕の生まれ育った街
     いつだって ふるさとだから
   都会に見失った心の旅
     この街で 見つけよう!
   僕らを信じて 舞い降りる
  長野は! あー! 長野は! 愛の雪の中!


la nieve! que todo que cae silenciosamente
   es perdonado.
!En este pueblo,,
   ahora! Porque vive con usted.
 !Neve! La eternidad cuando dos personas rezan,
   lo Zenkoji
 la silueta de, usted, que una mano es sida
  conveniente para a, ahora el!
   Una campana sonar!
 Nagano esta en el pueblo cual,
  yo, era nacido y levantar presente.
 Porque en cualquier momento home.
  es el viaje del corazon al que perdio
    de vista en la ciudad
     encontremos este pueblo el!
Lo somos creer, y se posar.
 !En cuanto a Nagano! el!
   !En cuanto a Nagano!
     !Durante la nieve del amor! 

で、もし、よかったら、こんなおいらの曲を、お聴きください。
特に、長野の人に、聴いて欲しいな!
  以下を、コピー&クリックしてください。↓ 
http://www.voiceblog.jp/papageno/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「 クラリネット五重奏曲 (K.581)」 [音楽]


Mozart: Clarinet Concerto K.622, Clarinet Quintet K.581








やっぱりモーツァルトが好き!!

「 クラリネット五重奏曲 (K.581)」
静かに、静かに、雪の降る夜、あかあかと燃える暖炉の前で、ひとり想い出に
ふけるような、そんな風情。
過ぎ去ったこと、いろんなこと、皆、「本当に大切だったなあ」って
思えるようになる。
自分を責めるわけでもなく、誰かを悪く思うのではなく、
いつしかきっと、自分をほめてあげたくなる。
心から満足して、明日からまた元気に、歩いていきたくなる。
「人生がいいものなんだって思えてくる。」
そんな懐かしさに満ちた名曲を、しみじみ聴いていきたいものです。
* * *
今日は誰の演奏で聴きますか?ウラッハ? ブライマー? ペイエ? それとも?

「 ホルン協奏曲 」
ヨーロッパアルプスのてっぺんに立って、雲がこちらに向かって流れてくる、
風に吹かれながら見ているのは、イタリアか?
下界を見下しているような気分!
心がウキウキしてくる曲。

「 交響曲 29番 (K.201)」
かすみにゆらゆら萌える春の野原が、心のスクリーンに浮かび上がってきます。
青春の淡い息吹きで、未来に向けて力いっぱい進んで行けるような気分!
こんな曲を聴いていると、ちっぽけなことは、考えられなくなってしまいます。
そして・・・・・
「今の自分は、かっての自分が想い描いた姿であって、もし今かりに何もできて
いないとすれば、それは、何も考えていなかったからです。
それでは、未来の自分は???
それは今、心の中の、まっ白いカンバスに、思いっきり、大きく描けばよい。」
29番のシンフォニーを聴いていると、そんな勇気が湧いてくるのです。

「 ピアノ協奏曲23番 」
眼をとじて聴いていると、雪が降った朝、新雪に朝陽があたって
キラッキラッしているそんなさわやかな光の中を泳いでいるような気分
こんな、新鮮な朝があったんだ。

「 レクイエム 」
なぜか、もう、どうしようもなくなったときに聴くと、生気が戻ってきます。
死者のためのミサ曲なのに

「 オルガン・ソロ・ミサ 」
なぜか、この曲も、よく聴いています。
キリエ・エレイソン・・・

「 アヴェ・ヴェルム・コルプス 」
こんなに、短い曲なのに、グングン、引き込まれていってしまう。

「 ピアノ協奏曲27番 」
クララ・ハスキルの演奏で決まり。
もう、魂が、天国に、行ってしまっている。
我が、生涯の愛聴盤。

「 音楽を聴いていると」
モーツァルトなどの音楽を、聴かせてもらっているうちに

固定観念の固まり、エゴイズム、頑固、無知、プライドetc.
そんなちっぽけな自分を意識していることが、バカバカしくなってきます。
良い音楽を聴き続けると、イマジネーション豊かな、
前向き人間になれるように思います。

夢をいつまでも見れる、いたづらっ子でいたいと、思います。
音楽療法、音楽健康法、等、いろいろ言われていますが、
自分の好きな曲を、好きな時に、心のままに聴いていきたいものです。


モーツァルトの青春 交響曲29番イ長調 [音楽]

モーツァルトの青春 交響曲29番イ長調

 この曲、さりげなく、小さな音で、部屋に、流しておいてください。
  きっと、へたくそな、カーテンの交換より、いいと思う。

 子供の心が、やさしくなる。
  おとなたちだって、ほっとする。
   料理は、うまく感じる。
    ワインは、ひときは・・・

 顔つきが、大黒様のように、にこやかになる・・・
   
   はずである・・・

    保証は、しませんが。


交響曲29番イ長調 
    春霞に香る青春の息吹!

モーツァルトの青春

青春のいぶきに溢れた、春霞のただようような曲。
 モーツァルトのイ長調の曲は、ほとんど好きだ。
  クラリネット5重奏曲、クラリネット協奏曲
   ピアノ協奏曲23番・・・などなど。
交響曲29番イ長調K.201は、そんな中でも
 特に好きだ。
  いつも聴いているのは、マリナー・アカデミーのアーゴ盤。
   あとの、フィリップスの入れ直しでは、はつらつさがない。
    青春の、真っ只中のように、生き生きしている。
 春霞の中の、南アルプス仙丈ヶ岳、中央アルプス。
  光の帯のような天龍川・・・桜も近い。(^_-)

今までに、何枚!買ったのだろう?
いろんな指揮者、演奏団体で!
カザルス、ワルター、フリッチャイ、クレンペラー
ペーター・マーク、バーンスタイン、などなど

学校を卒業して、社会人として、世界に
とび出した頃に、聴いていた。
おいらの人生のBGMの大切な一曲。

おいらのオーディオ・ルーム、
 ここ、オーディオ店の、とっておきの、必殺仕事盤。
  ・・・あっ、いけね。 また、企業秘密が・・・


交響曲29番イ長調

この曲は、本当に、春霞のように、淡い曲!
とっても、演奏が、むずかしいんではないだろうか?
ちょっとでも、おそく、重々しくしたら
まったく、かろやかさが、消えてしまう!
はつらつとして、若々しく!

そんなレコードを、再生するための
オーディオシステムも大切だ!
デリケートかつダイナミックで、音楽の表情を
みごとに、再生するだけの実力のあるシステム!

能率100dbを、超えるような、繊細かつ
ダイナミックなスピーカーを、良質なアンプで、動作!
プレーヤーにも、とことん、こだわろう!
そんなオーディオシステムを、めいっぱい調整して
美しいモーツァルトのしなやかさを、再現したい。

夢の見方・・・ いや、とらえ方 たとえば、シンガーソングライター [音楽]

夢の見方・・・ いや、とらえ方

絵に描いた餅

 ・・・かなわないのが、夢。

いや、かなわないまでも、できるだけ、
 そっちの方に、近づきたい。

 で、おいらの方法。

たとえば、シンガーソングライター。

 ・・・そう、もうなっちゃったんだって、思う。

おいらは、作曲家なんだって・・・

 ・・・アハハ、ローカルだけれど、
  たった、一曲、ヒット曲がある。

SBCや、NHKなどの
 テレビや、ラジオに出させてもらったこともある。

    *    *    *

夢 なりたいうちは、なれない。
 夢 
   だって、心のどこかで、あきらめているからだ。

しかし、夢をつかむ人って、
 必ず、夢に、近づくターニングポイントを、
  つかんでいるんだな。

サラリーマンだった、おいら。
 金と時間をくれれば、何でもできると、うそぶいていた。
  しかし・・・
 サラリーマンだからって、どこかで、言い訳していたようだ。

 人生には、YESか、NOしかない。
  7 対 3 で、YES なんてのは、ない。

で、言い訳を、しなくっていいようにした。
 これが、おいらの最初のターニングポイント。


たくさんある、おいらの夢の一つ
http://www.sky.sannet.ne.jp/basic-audio/newpage7.htm

3件くらいは、実現しているな。

・・・山の中の喫茶店や、
 伊那市の図書館で、レコードコンサートしたこともある。

なんでも、思ったら、あたためていよう。
 必ず、ターニングポイントが、やってくるから。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

いじめられっこの、いじめ対策法 [才能教育]

いじめられっこの、いじめ対策法

おいらに、このテーマが、うまく書けるか、わからないが、
 とりあえず、書いてみる。

いじめられる子は、とっても、心のやさしい子が、多いのだと思う。
 で、おいら、思うのは、まず、自分に自信を、つけることが、
  必要だと思う。

いじめられっこを、ギャフンといわせるくらいの、
 バイタリティを、つけたい。

そのためには、どうするか?
 それは、自分が、けっして、劣っているのではないということを、
  実感することだ。

鈴木鎮一著 愛に生きるは、そのことを、一番、教えてくれる。
 だから、ぜひ、本人、そして、家族、サポートされる人々に、
  読んでほしい。

このことを、知っているのと、知らないのとでは、人生が、変わる。

今、オーディオ・レコード店の店主をやっているおいらだけれど、
 自分の根底には、必ず、この本がある。

そして、その本の、おいらとしての応用、実践が、
 今のおいらを、育てたんだ。

そう、誰も、助けてはくれない時がある。
 いや、気づいてもらえない時がある。

そんな時には、じっと、まず、この本を、読んで欲しい。

そう、才能は、生まれつきではない。
 誰でも、思ったとおりの人に、なれるんだから。

ボクシングの内藤選手が、自身のいじめられっこだった、
 告白を、してくれている。
  とっても、勇気のいることだと思う。

だから、もし、今、不幸にして、いじめられっこに
 されている子は、なんとか、脱出しよう。

また、万が一、いじめているほうだとしたら、
 即刻、やめなさい。
  人の心を、傷つけるなんて、最低の人間のすることだ。

モーツァルトでも、聴いて、美意識を、持ったらいい。



 人生の夢を追いかけている人に!

鈴木鎮一著 愛に生きる(講談社現代新書No.86)を
読んで頂きたい !

そこには、自分の可能性を、無限に引き出す方法が、描かれているからです。

この本は鈴木氏が実際に行われた
幼児へのヴァイオリンの「才能教育」について描かれた本ですが、
ヴァイオリンだけに関わらず、
すべての能力開発の原点が、そこにあり、
単なるたてまえ論でなく、実践の書である点が特に素晴らしい。

どの子も育つ、育て方ひとつ!
       日本人は誰でも日本語を話す!のだから
 環境さえあれば、才能は育つ!
それは、自分で自分を教育することのできた氏の、あたたかい愛の心です。

今の世の中、頭の中は、本やTV等により、知識でいっぱいですが、
その多くはほとんど体験抜きの、単なる知識であって、
自分の人生に、いざ目標を設定して、
歩き出そうとするときには、役に立たないものが多い。

大切なのは何を知っているかということではなく、
今の目の前の課題に、何が役にたつか気がつくことです。
   批評家でいるより、実践家でいたいものです。

人は、その思ったとおりの人になれるのです。
 不可能なんてないのです。
それには、まず、思うこと!
「愛に生きる」は、そのことを教えてくれるのです。

夢をいつも心に思い描き、それに果敢に立ち向かっていく生き方をしたい!
  少しでも自己改革し、自分の中の天才を目覚めさせることです。

音楽って、そんな心に、勇気と、豊かなイマジネーションを
与えてくれるのです。
良い音楽を聴き続けると、良い人になれるような気がします。
  だから、日々、音楽が聴ける生活をしたいものです。

  花に音楽を聴かせると、美しい花が咲きます。
  牛は音楽によって、おいしい牛乳を、だしてくれます。
それでは、より高等な生物である!あなたは???

「愛に生きる」の心を、それぞれの人が、それぞれの分野で、生かして頂きたい。
 私も、未来に大きな夢を描いて、新しい挑戦を繰り返していきたいと思う。

* * *

いじめによる子供の死!!本当にいたましいものです。

人は、育ち方によって、             
 オオカミに育てられた少女にも、
  ヴァイオリンを弾く天才にも、なれます。     
     どちらも、教えられたことを、完全にマスターした結果です。
  命は、そんなにも、尊いものなのです。

   そして、そんな、命を死んでいった子供も、持っていました。
 しかし、夢を見ることなく、葬られてしまいました。
とっても、悲しいことです。
人ごとでは、ないような気がします。
あなたも、私も同じ命を持っているのですから!!!

 才能は生まれつきではない!
  鈴木鎮一著 愛に生きる


 いきあたりばったりのおいらの人生。
  そんな、時々に、出会ったおいらの
   人生の 感性の3種の神器。

  それは、MOZARTの音楽
      鈴木鎮一著 愛に生きる
      自己催眠術         だ。

  それぞれの人には、それぞれの人用の
   そんな何かが、あると思うので、探して欲しい。

  いじめっこは、災難だが、
   世の中には、素晴らしいものが、もっと、たくさんあるから。

  おいらのように、MOZARTの一曲、一曲を、
   聴きはじめたら、よいと思う。
    わかっているだけで、626曲くらい、あるからね。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:育児

ストレス対策! [ストレス]

ストレス対策!

♪ 魚の味

釣った魚と、網でとった魚では、味が違うといわれます。
おいしいのは、釣った魚のほうらしい。

それは、釣られた魚は、釣られるとすぐ昇天させられるので
ほとんど苦しまないのに対し、網でとられたほうは
網の中で長時間もがき苦しむため
身の中に毒が放出され、おいしくなくなってしまうらしい!(>_<)


この話、魚のお話だけに、すませてはおけません。

なぜって?
実は我々人間の日々の精神状態とホルモンにも
同様な関係があるのだそうです。

日々、いやーだ!いやーだ!と過ごすのと
ありがとう!と言って送るのとでは、
長年月の間には、相当の差がでてしまいます。

くれぐれも、網でとられた魚の心境に
ならないようにして下さい。(^_-)

ためしに、自分で噛んでみて、味を確かめてみますか?

やった すごいプレーヤーが、仕上がったぞ。 [オーディオ]

やった すごいプレーヤーが、仕上がったぞ。

おいら、何かに、熱中し始めると、とたんに、
 他の事に、目が行かなくなってしまう。

昨日は、雨だったこともあり、
 THORENSの224という、レコードプレーヤーの
  調整をしていた。

ふと、うっ、ここに、あのトーンアームつかないかなって、
 ひらめいた。
  GRADOの シグネチャーアーム。
 一本、秘蔵していた。

トーレンスのあのオートチェンジャーの穴に、
 なんと、アームが、しっかり入り、
  さらに、幸運にも、オーバーハングも、ぴったり、
   あげくのはてには、高さも、ドンピシャ。

何の苦労も無しに、取り付いてしまった。

なんと、THORENS 224 という、プレーヤーは、
 GRADO を、取り付けるために、
  設計してあったのかもしれない。

 いやいや、そんなはずはない。
  きっと、世界にたった一つ、この組み合わせで、
   聴いているのは、おいらだけだろう。

ってのは、どちらも、そう気安く、手に入る代物でない。

 さあて、さっそく、聴いてみた。

これは、素晴らしい。
 初動感度が、おそろしく、高い上に、適度の制動が利いているのだろう。

オーケストラが、はしゃがない。
 そのくせ、鳴るものが、全部、鳴っている。

これは、すごい、プレーヤーになってしまった。

オーディオというと、とかく、スピーカーと、アンプだけにしか、
 興味を、示さない人がいるが、
  そんなのは、ダメ。

全部が、大切なんだ。
 おいらは、レコードと、プレーヤーには、特に、気を使う。

そして今、モーツァルトが、とっても、心地よく聴こえる。

 ゲッツ・ジルベルト 2 の B面
  ジョアオ・ジルベルトが、眼前で、歌う。

 * * * * * *

アハハ、子供の頃、食事もしないで、
 プラモデルで、遊んでいた、おいらは、今でも、健在。


前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。