So-net無料ブログ作成
-| 2008年03月 |2008年04月 ブログトップ
前の10件 | -

オーディオのブランド志向 [オーディオ]

オーディオのブランド志向


 この国では、有名ブランドに、弱い。

  オーディオでも、JBL TANNOYだと。


  おいらのやっている、もう少し、昔のオーディオでも、

   五味康祐氏の TANNOY AUTOGRAPH と、

    EMTのレコードプレーヤー、

      MCINTOSHのアンプ なんかが、有名。


 一方、MARANTZの アンプなどでも、

  プリアンプの MARANTZ7 

   メインアンプの MARANTZ9 などが、有名。


  MARANTZ7 の シリアルナンバー 1万番以前

   100万円。

   MARANTZ9 が、200万円。


  アンプだけで、300万円。

   それに、TANNOY AUTOGRAPH 800万円。

   EMTのレコードプレーヤーが、 300万円。


  簡単に、高級外車が、買える値段だ。

   すごいねえ。


  これらのシステムに、レコードを、そろえていかないと・・・

   音楽は、聴けない。


  考えてしまうよね。


   おいらは、裏街道を歩いているので、本当に、

    リーズナブルな製品を、提供している。



オーラ!みえますか? [オーディオ]

オーラ!みえますか?

ココだけの話にしておいたほうが良いかもしれませんが
レコードにも、オーディオ製品にも、オーラがあります。
なんとなく、すごそうな気を放っているものがあるのです。
おいらには、オーラ自体を、視覚的に見ることはできないけれど
なんとなく、感じることはできます。

レコードの演奏などでも、格が違うものは
一音出ただけでわかります。

落語家なんかでも、出てきただけでおもしろいって人
いるけれど、そうでないと・・・
役者なんかも一緒!
歌手だって、ヒットしている全盛期の歌手には
輝きがある。

オーディオ製品なんかも、まさに、いっしょでは?

オーラが、ちがうんだよね!


捨てられない 押入れに仕舞いこんだままのレコード 聴きませんか? [オーディオ]

捨てられない 押入れに仕舞いこんだままのレコード 聴きませんか?


 レコード

  青春時代に、買ったやつ。

 それが、レコードプレーヤーのベルトが、切れて回らなくなったり
  針がないなどで、聴けなくなっちまった。

 しかし、捨てるに捨てられない。

  あったりまえだよね。

  初恋の彼女の想い出が残っていたり、
   あの夢見ていたころの淡い心が、全部、冷凍保存されている。

 だから、そのまんま、押入れに、仕舞われているんだ。

  変な話、本人が、ぽっくり逝っちゃえば、粗大ゴミ。
   家人はなんだかわからないからリサイクルショップへ。
    想い出はついに、日の目を見ず、すべて、闇の中。


 レコード・オーディオ屋のおいら・・・
  なんか、さびしいんだよね。

 できたら、聴いてほしいんだな。
  団塊の世代なんかだと、みんな、定年。

 それこそ、家で、ゴロゴロしていて、本人が粗大ゴミ・・・
  じゃなくって、今までさんざん、働いたんだから、
   もう、あとは、自分のために人生を楽しまなきゃー。

 押入れに、仕舞う時にも、きっと、
  いつか聴くためにそうしたんだと思うんだ。


 レコード・プレーヤーのベルトは、
  100円ショップで売っているパンツのゴムで代用できる。

 オーディオ装置だって、当時は、高かったが、
  今では、生き残っているやつが、安い。

 設計の悪いやつは、当然、動かなくなっているから、
  今、動くやつは、ある意味、不良選別されているんだな。


 おいらは、海外からそんなヴィンテージ品を取り寄せているが、
  あっちの運送屋は、まず、ブン投げる・・・

 だから、かの国では、直方体だったパッケージが、
  おいらの所に、届いた時には、角がつぶれて、
   大きなボールのようになっちまう。

 で、それでも中身が生きていたら、そいつは、すごい。
  だって、強烈な衝撃試験を、クリアーしたやつなんだ。
   こういうのは、長持ちするんだ。




CD嫌い [オーディオ]

CD嫌い

おいらのCD嫌いは、きっと、実際の製品としての
CDの性能が悪いことが嫌いな主原因であるのにプラスして、
そもそもの、企画設計の根性自体が、
妥協に満ちていることにも、納得がいかないからである。

少なくとも、アナログ・レコードという、
比較対象のメディアがあったのに、
CDは音がいいといっていたほど、実物が良くなく
我々、心有る者たちにとっては、鼻も、引っ掛けられないという
低レヴェルである点が特に気に入らない。
こんな程度で、リスナーは、満足するであろうという
その、設定点の低さに腹が立つのである。

なぜ、外径を約12センチにしてしまったのだろう?

なぜ、片面70分あまりという規格にしたのだろう?

30センチで作ったら?

両面に入れられるようにしたら?

それでなかったら!SACDなんてモノが、
今ごろ出てこなくたって良かったんだと思う。

それまで使っていたオープンリールのテープレコーダーから
カセットテープが出現した時点に、
その兆候があったのかもしれない。

使いやすくなった反面、性能は極端に、悪くなった。
結局、普及はしたものの、頂点が、削られたのである。

なんとなく、バカにされたような気がしたのは
おいらだけだろうか?



BASIC AUDIOのすすめ! [オーディオ]

BASIC AUDIOのすすめ!

音楽が、心からお好きなあなたに!

体が、食事を欲するように
心が、音楽を求めている人
おいらは、そんなあなたのために、
BASIC AUDIOを、開きました!

本を読むだけなら、ただ、本を買ってきて
あとは、あなたが、本を読む時間さえあれば
読むことができますが

音楽は、ちょっと、大変です。

しかし、おいらは、そんな音楽を、聴きたいがために
今!ここで、レコード&オーディオを、提供させていただいている。

このページは、そんなおいらが、どうして今!
こんなスタイルで、活動しているのかを
お話しするものです!

きっと、今のあなた!が、これから歩こうとする道を
少しだけ、先に、歩いたおいらの体験で
お話してみようと思います!

音楽を聴く上でのひとつの理想!
それを、ただ、素直に求めつづけた結果なのですが!

本当に、この通りだとしたら、素晴らしいことだろうと
感じていただけることと、思われるますが
まぎれもなく(@_@)
それが、今!ここで、実現できているのです。

そんな、満足のいく方法!
あなたも、踏み出してみましょう!



音楽再生の未体験ゾーンへ!

ちまたには、音楽があふれているように思えるのだけれど
ちょっと、眺めてみても、どうやら、
大人のための心豊かな音楽に、出逢うチャンスは、
思いのほか、少ないように思う!

一方、生のコンサートなども、あるにはあるが
聴きたい時に、聴きたい曲を、
素晴らしい演奏で、聴くことはできない。

そんなとき、録音されたソフトに頼らざるを得ない。

音楽を聴くっていうことは、早い話が、
そんな音楽を探す旅!をするっということだ。

もっとも、毎日、おなじもの、手に入りやすいもので
甘んじていれば、それはそれで楽なことではあるが
とっても、大人の趣味、
夢追求型の趣味とは、異次元のものである。

今は、何でもあるように、見える時代である。
しかし、うっかりしていると、
マスコミの安易な゙情報に踊らされ、
気がついたときには、とんでもないところにいる(>_<)
なんてことになりかねない。

音楽が好きなおいらが、
おいらなりに歩き回って、探し求めた結果
ハッっと気がついたことを終結して、
おいらなりに、実現したのが、
BASIC AUDIOなのだ。

さあて、どこから、話せばいいのだろう!

たとえば、モーツァルトのピアノ協奏曲27番が
好きになったとする。

そうすると、バックハウス、カサドシュ、アンドール・フォルデスなど・・・
いろんなピアニスト、指揮者、オーケストラの
レコード、そして、CDが、無数にある。

てっとりばやいのは、CD屋さんに行って、
いろいろ、考えずに、そこにあったCDを買って来て
CDウォークマンや、ミニコンポで、そのCDを聴くことである。

これでも、確かにその曲は聴けた!
ということにはなるが、
そもそも、誰の演奏のCDが、聴けたのだろう?(@_@)

いろいろ聴いてみたおいらは、
クララ・ハスキルがフリッチャイの指揮で
演奏したレコードで聴きたいと思う。(^_-)

そうすると、日本盤では、むかし、日本グラモフォンで出ていた
レコードを集めてくるしかない。

おいらは、さらに、ドイツグラモフォン社の
オリジナル盤があることを、知っているから
そのレコードを入手してしまうのだ!

なんとか、入手したレコードが、目の前にある。

それを、どんなオーディオ・システムで、聴くのかが
また、大きな、問題なのだ!

ただ、音が出ればいいのなら・・・
ただ、レコード・プレーヤーのついた
国産のシステムでも聴ける。
また、今時の、オーティオ雑誌に載っているような
海外のオーディオ・システムも、
金にあかせて入手してくれば、聴けるだろう?

しかし、いづれも、その再生レヴェルが
今のおいらには、不満なのだ。

なんと、ぜいたくなって言われるかもしれないが
知ってしまった人間の感覚は、もう、
ごまかしようがないのである。

ゆえに、おいらは、クララ・ハスキルの名演に酔うために、
自身の信じるオーディオ・システムを、
用意することになる。

音楽の未体験ゾーンは体験した人にしか、
わからない世界だけれど、確かに、存在するのだ!

ただ、それが、ものすごく、入手しにくいもので
単なる、考古学みたいなことだったら
おいらだって、手が出せない!のだから
こんなふうに、
ホームページに載せることなどしないで、
ひとり、こっそりと、秘蔵し、
楽しむことだけに、専念するだろう!

わからない人に、こんなふうに発表して
まゆをひそめられることをしないで、
済むからである!

しかし、こころある人には、なんとか、
こんな情報を届けたいって、思う!

また、おいら自体が、同じような投資で、
レコードもオーディオも入手できて、
聴くことができるのだとしたら、
わざわざ、格下の満足のできない手段で
聴いていることなんて、我慢ができないのだ。(>_<)

ただ、一般の人には、その情報すらない!
体験できる場所が、身近にないから
考えもしない部分のことなのだ!

だから、少なくとも、おいらに縁のある関係者たちだけが
体験している事実なのである。

そんな、レコードによる、音楽の未体験ゾーンに、
あなたを、ご招待したい!§^。^§
これって、比較論ではなくって、
ある意味で、唯一無二、
これしかないって、方向です。

もう、オーディオ・システムに悩むことなく
音楽の素晴らしさに、ひたりきることができるのだ!

どうせ聴くなら、人類の遺産のような演奏を
心豊かに、再現する、オーディオ・システムで!

どうか、余計なおせっかいだって、思わないで欲しい!m(__)m



なぜ、今! BASIC AUDIO

それは、素晴らしい音楽に出逢うための
最低限の投資なんだ!

弘法は筆を選ばず!
しかし、音楽を聴くためには、筆は選ばなければならない

だって、音楽が、マトモに聴けないような
オーディオ・システムで、音楽を聴きつづけることは苦痛だ!

ギターや、ピアノを、マスターすることを、想いうかべたら
おのずと理解できるだろう!
悪い楽器は、練習意欲を、そぐ。
いや、2度と見たくなくさせてしまう。

ギターを、何本も買い替えた人なら
一瞬で、わかることだろう!

また、カメラなどの機器も、同じかな?

車にたとえたら、未完成の調整不足の車では
安心して、ドライブすらできない!

レコードによる、音楽の旅をしようとする人が
壊れた車に、乗り込もうとしたら、悲劇だ!

今すぐ、BASIC AUDIOを導入するメリット

ふつうだと、オーディオが泥沼だという!
いつまでたっても、満足のいかないオーディオ・システムでは
音楽を聴く気が萎える!
しかし、まっ先に、どんな音楽でも心豊かに鳴る
オーディオ・システムを導入することができたら
すぐに、音楽に、没頭できる。
音楽のことだけ考えれば良い!

音楽を聴く上での、最低限の投資であると悟って
至急、オーディオ・システムを、発注して欲しい!

さらに、BASIC AUDIOのメリットは!

単に、スピーカーとか、コンポーネントだけを
バラ売りするのでなくって
聴きたい音楽に合わせた、オーディオ・システムを
セット・調教して提供するので
あなたは、オーディオ・システムに関して
頭を悩ますことや、
無駄な労力を払うこともなく
音楽だけを、見つめていればいいことだ。

わざわざ、泥沼のオーディオの世界に
落っこちることはないのだ!

その昔、むずかしいプラモデルを買って
組み立てられずに、ベソをかいたこと
ありませんか?
この年になって、再び、
そんな思いをしなくっても、いいでしょう!

車のコンポーネントをバラバラに買って
組み立てるようなことは、頭のいい人はしない!
プロの組み立てた完成車を買うべきなんだ!    

そんな簡単なことが、こと、オーディオに関しては
なぜか、バラバラに、買って来て、
しろうとが、組み合わせきれなくって
投げ出すようなことが、
平気でおこなわれている。
まさに、人生の修行のように
たとえられるが、以上の車の例ではないが
頭のいい人は、自分がなれないプロをめざすよりも
そんなプロを探してきて、頼んでしまった方が早い!

コンピューターのハードを自身で、設計、調達
組み立てるようなことは、普通の人はしない!
ブレインを集めたメーカーが作った
コンピューターを買って来て、
しかるべきソフトを導入して、
インターネットの旅に、早くでたほうが良い!
また、
ホームページを作って、仲間と遊んだ方がいい。
その目的のための最短の手段を、
選び取る力も、重要だ!
しなくていい苦労は、しないことだ!

目の前の穴ぼこに、あると知りつつ落ちるのなんて
勇気でもなんでもなくって
ただのアホ!
選び方によっては、こんなに、素晴らしいオーディオの世界を
わざわざ、泥沼化して、
無駄な労力とお金をかけることなんか、
しなくっていい!

オーディオって、音楽を聴くためのものだろう?
オーディオの基本=BASIC AUDIO

さらに、オーディオ・システムって、
大切な音楽を聴くために、
あなたの心に一番近いところで接するものであるから、
いい加減な、設定ができない。
すなわち、ただ、各コンポーネントが
接続されていればいいのではなくって、
音楽を、心豊かに、再現できるように
なっていなければならない。

しかし、音楽を聴くためのシステムを提供する役目の割には
現実には、レコードを聴かないオーディオ店が多いし
店主、店員が、音楽自体に暗く
極端なことをいえば、
そもそも、音楽自体に、興味のないものまでいる。(@_@)
単なるオーディオの機械遊びを、
本をたよりに、薦めているばかりである。

だから、レコード、それも、名曲の名演
かつ、米、英、独のオリジナルな名盤で
オーディオ・システムを、セッティングすることなど
別世界なことなのである。

そこが、機械、装置だけ、バラ売りしている店と
おいらとが、決定的に違うところなんだ!(^_-)
それも、単なるオーディオ・システムでなくって
宝物のような往年の名機たちを
組み合わせたシステムだ!

      
そんなマトモなシステムを、少なくとも、
あなたよりは蛇の道はヘビである、
おいらは、提供させていただけるので、
そんな違いにお気づきになられ!(@_@)
さっそく、素晴らしいレコードを集めることに専念して、
あなたの音楽の旅に、出発しませんか?

正直言って、レコードを集めることだけでも、大変なんだ!
すごい労力がいるんだから
さらに、オーディオの、悩みなんか、抱えていられない!
だからこそ、そうして欲しい!

これは、BASIC AUDIOをここに開いた
おいらの願いでもある!

求めてくれる音楽ファンのために!



音楽を聴こう!

自分で、旅の地図を、プログラミングするように
あなたの音楽の旅へ、出かけましょう!
おいらは、そんな、オーディオのヒュッテになりたい。



絶滅寸前のアナログ・レコード [オーディオ]

絶滅寸前のアナログ・レコード

  はて・・・・



 おいらの作った歌に、白毛餅音頭なる歌がある。

    朱鷺のような米だから、幻になるかも
     絶滅寸前もう一歩、みんなで助けてよ
      朱鷺には、無力のあなたでも、今度は大丈夫
    あなたがおいしく食べるだけ おいしく食べるだけ

 今、白毛餅は、このあたりの産直センター、スーパー、
  土産物屋などで、売っていて、絶滅を、まぬがれた。

  朱鷺は、佐渡で、自然にはなすほど、増えた。


  で、おいらの アナログ・レコード

   聴いてくれる人口が増えないと、やばい。


野生の眼    キジに出会う [音楽]

野生の眼    キジに出会う


 朝の散歩。

  南箕輪から、伊那市御園までいく。

 その途中に、どうやら、キジのなわばりを、突っ切る所がある。


   おいらの行く道の真ん中で、じっとして、こっちを、見ている。

  こういう、キジの眼って、素晴らしい。

   まさに、野生の眼。


  おいらも、林の中にいって、林の気を、吸った。


 昔、今から40年ほど前、イタリア映画 野生の眼があった。

  たしか、そのサウンド・トラック盤、買ったような気がする。


 それにしても、今の時代。

  みんな、養鶏場の鶏や、牛舎の牛の目を、している。


 近所の年寄りが言った。

  最近、バカがいないねえ・・・ って。



雲のらくがき [音楽]

雲のらくがき


 あの空で、誰が、描いている 雲のらくがき

  とはいえ、空を、見上げたものでないと、見れない。


   車に乗って、携帯電話かけている連中には、

     きっと、見えていないだろうなあ。

       車って、テレビと、おんなじだよな。


  さあて、なにを、書きたかった、っかって、いうと

   はて、なんだったんだろう。

     最近、ボケぎみ。

        ・・・




  雲

   だいたい、恐竜や、カメ。

    いいところで、うさぎ、などか・・・

   しかし、まれに、ビックリするものが、あらわれる。


   夏の夕方

    シューベルトに似た雲が、現われたことがあった。

     ビックリした。


  今は、山を、乗り越えるよう、寒気の雲。

   とっても、見ているだけで、寒い。



  いつ、何が、現われるか、わからない雲。

   テレビ番組表みたいなものなんて、ないんだ。



  レコードを、聴くのも、同じ。

   自分の心の求めるままに、好きな曲を、聴いていく。

    モーツァルト ホルン協奏曲とか・・・


  唐突だが、サラリーマンの楽な点と、大変な点。

   おいらみたいな、気まぐれやには、

    あちらサイドで、決まる、ノルマを、こなすのって、

     とっても、苦手。


  どうしようもない、天邪鬼 人間なんだ。

   おいらには、大変な点ばかりが、めだつ。


 しかし、中には、こちらのほうが、都合のいい人間もいる。

  確かに、いる。

   まあ、どちらにしろ、それなりの努力がいる。

 
  今の世の中、本当に、夢を、持っている人間には、

   逆に、生きづらいかもしれないなあ。

    なんか、こんなことしたいなあって夢。

   しかし、目の前に、仕事があったりで・・・



  座禅なんか、組む余裕もないか。

   しかし、こういう、時間って、

    夢を、見る人間には、絶対、必要。

   一日のなかでも、そんな時間が、必要。

    音楽を、聴くなんてのも、必要。


  オーディオ・レコード屋、やっていて、

   一番、気になるのって、ここのところ。

   単なる、機械や、レコードの物的価値しか、

    感じないやつと・・・

   あのさ。 どういったらいいのかなあ・・・

    ほったらかしておいても、音楽探し出して聴くやつの差。

  正直、前者のほうが、そのときは、売り上げが、上がる。

   しかしさあ、おともだち には、なれないんだよな。



  学校の成績とか、社会の評価でなしに、

   その本人として、こう、満足できているのかって、ところ。


  いろんな人、見ているけれど・・・

   いや、いやがおうにも、見させられてしまう立場なので、

    本当に、つくづく、かんじいっちまう。


  自家発電で、夢を、作って、

   ただ、絵に描いた餅で終わらせずに、

    本当に、夢を、見ているやつ。


   案外、 いないんだよね。


  心の時代。

   癒しの時代。

    あー、なんとでも言え。


   しかし、本当に、自身で、そんなやつ。

     少ないよね。


 いづれにしろ、こんなおいら。

   で、勝手に、好き勝手やっているほうが、いい。


  好きな音楽、聴いていくように・・・







   あの空で、誰が描いてる、雲のらくがき

      みるみると、君の笑顔、あらわれた

     びっくりしたよぉー、夢みてたのかぁー

        ひだまりに、ねころんで

      ここは、南箕輪、こころの、散歩道



おいらの レコード・プレーヤー 虎の穴 [オーディオ]

おいらの レコード・プレーヤー 虎の穴


 なんだい、このタイトルは?

  そう、

 外国から、届けられるたくさんのプレーヤー。


  おいらが、まず、やるのは、

   一週間の まわっしっぱなし。

  これで、たいがいの様子は、わかる。


 人間と同じなんだ。

  うわっつらは、よさそうでも、すぐ、ねをあげるやつ。

   軽薄なやつ。

   そして、一見、無骨だけれど、しっかりしているやつ。

    根性のすわっているやつ。


 もっとも、油切れで、モーター等が、

  焼きつかないように、注油だけは、最初に、

   慎重に、おこなっておくけれど。


  こうして、GARRARD EMT THORENS

   以外にも、たくさん、素晴らしいプレーヤーが、

    あることがわかった。



  設計者の真心が伝わってくるような製品がいいな。

   そういう、信頼の上に、音楽も、生きる。

    そして、聴かせてもらえる おいらも。



  機種は、書かないが、3つ、特に、気に入っているものがある。

   そのうち、一番、気に入っているものは、

    枕元で、まわっている。


  それで、大切なレコード、かける。

   昨日は、エターナリー入りの ダイナ・ショアのレコードだった。







    顔 


 人の顔もさまざま、20歳くらいまでは、DNAに依存した顔である意味で
  本人の希望と食い違っていても手の施しようがないのが事実です。
   顔に地図が、描いてある様で、親をうらんでも、あとの祭りです。
    あの日、とうちゃんが、酒さえ飲んで帰ってこなかったら!!

 そのあとは、その人の日々の心の持ちかたが、がぜん、影響してきます。
  いつも、不平不満、人をねたんだりと暗い思いをしているとだんだん、
   そんな顔に、顔がセットアップされてしまい、早い話が、
    般若のお面のような顔になってしまいます。
  
 一方、日々に喜びが溢れ、明るく、人生に感謝ができて、いつも、
  夢みている人は、大黒様や、観音様のような顔になってきます。
   どうせ、おんなじ時間を過ごすんなら後者の方がいいですよねぇ。
    般若になるか観音様になるかは物理的にはしわの位置が違う
     ということなのですが、日々の心の持ち方が真因です。

 オーディオ製品の顔も何か似ていますね。
  般若顔のやつとか、これみよがしの厚化粧顔のやつとか、
   軽率そうなやつ、見るからに丈夫そうなやつとか、
     なかには、アイデイアだおれっぽいやつとか様々です。
  外国の有名品の顔だけまねして、魂の入っていないようなものを
   コストのためだけででっちあげてしまう、軽薄な設計室から、
    故意に、生み出されたようなやつは、特にいけません。
  それにくらべリゃー、まだ、酒飲んできたとおちゃんのほうが! 

 少し古臭い話ですが、オープンリールのテープレコーダーなんか、
  そんな、象徴でしたね。
   私が今でも現役で使っているREVOXのテープレコーダーと、
    当時の国産の製品を比較しみたら一目瞭然なんです。
     前者はある意味でそっけないくらいシンプルで、
       えっ、だいじょうぶかなあくらいに見えるのですが、
     国産のは、つまみが、でっかく、ただ並べてあって、
       一見、機能的そうに見えるのですが!
  実際に、使ってみると、
   前者は、考えられた操作性の良さにびっくりしますが、
    後者は、ただ並んだつまみが混乱を招き、かえって、
     使いにくいのです。
 そのくせ、録音された再生音の音楽性は、前者が優れているのです。


 EMTのレコードプレーヤーは、一度操作してみたらわかりますが、
  素晴らしい操作性を有していて暗闇でもだいじょうぶで
   大切なレコードをけっして傷つけません。
    これっこそ、人間工学的なデザインというべきものです。

 さあて、あなたはどんな顔のオーディオ装置が好きですか?

 もう、直感で、わかりますよね。そうそう、話してみなくっても。
  観音様や、無骨でも頑固なまでにがっちりした顔の装置を
   選択して、心豊かに音楽に接することで、
    あなたの顔も、観音様のようになるんですよ。

 いつも、心の奥の大切な音楽を再生するシステムだからこそ、
  誰を友達とするかと同じく、何を選択するかは、重要です。




青春18キップの旅

青春18キップの旅


飯田線、飯山線、大糸線、小海線、等、信州には景色の美しい
  ローカル線がたくさんあって、うれしくなります。
  そして、特急や急行が走っていない路線が多いので
  まさに「青春18キップ」が、ぴったりです。
   予定時間をまったく考えずに「好きな行動」ができるから
*      *      *
 飯山線の越後川口から長野にむかって乗ったときのこと・・・
   たった2両のディーゼルカーは、ゆっくりゆっくり進みます。
    あのあたりは、杉の林が多いのですね。
     深く雪が積もった景色、見え隠れする信濃川、山里の家、
      木々に積もる雪、陽の光に輝いています。
 そんなほのぼのとした景色の中を、紙芝居でも見るような「速さ」で進みます。
  目的地に早く着く事だけが、ねらいの「昨今」ですが、
    たまにはこんな「ゆっくりの旅」も、いいものです。
     人はその人の見たいものしか見えません! 
*      *      *
 県外には、「青春18キッブ同好会」をつくって活動している人もいます。
  ユックリズムの旅を、企画して楽しんでおられます。  
信州を、ベース基地にしている我々はかえって?
   さて!!私はどこへ行こうかな???


前の10件 | -
-|2008年03月 |2008年04月 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。