So-net無料ブログ作成
才能教育 ブログトップ

いじめられっこの、いじめ対策法 [才能教育]

いじめられっこの、いじめ対策法

おいらに、このテーマが、うまく書けるか、わからないが、
 とりあえず、書いてみる。

いじめられる子は、とっても、心のやさしい子が、多いのだと思う。
 で、おいら、思うのは、まず、自分に自信を、つけることが、
  必要だと思う。

いじめられっこを、ギャフンといわせるくらいの、
 バイタリティを、つけたい。

そのためには、どうするか?
 それは、自分が、けっして、劣っているのではないということを、
  実感することだ。

鈴木鎮一著 愛に生きるは、そのことを、一番、教えてくれる。
 だから、ぜひ、本人、そして、家族、サポートされる人々に、
  読んでほしい。

このことを、知っているのと、知らないのとでは、人生が、変わる。

今、オーディオ・レコード店の店主をやっているおいらだけれど、
 自分の根底には、必ず、この本がある。

そして、その本の、おいらとしての応用、実践が、
 今のおいらを、育てたんだ。

そう、誰も、助けてはくれない時がある。
 いや、気づいてもらえない時がある。

そんな時には、じっと、まず、この本を、読んで欲しい。

そう、才能は、生まれつきではない。
 誰でも、思ったとおりの人に、なれるんだから。

ボクシングの内藤選手が、自身のいじめられっこだった、
 告白を、してくれている。
  とっても、勇気のいることだと思う。

だから、もし、今、不幸にして、いじめられっこに
 されている子は、なんとか、脱出しよう。

また、万が一、いじめているほうだとしたら、
 即刻、やめなさい。
  人の心を、傷つけるなんて、最低の人間のすることだ。

モーツァルトでも、聴いて、美意識を、持ったらいい。



 人生の夢を追いかけている人に!

鈴木鎮一著 愛に生きる(講談社現代新書No.86)を
読んで頂きたい !

そこには、自分の可能性を、無限に引き出す方法が、描かれているからです。

この本は鈴木氏が実際に行われた
幼児へのヴァイオリンの「才能教育」について描かれた本ですが、
ヴァイオリンだけに関わらず、
すべての能力開発の原点が、そこにあり、
単なるたてまえ論でなく、実践の書である点が特に素晴らしい。

どの子も育つ、育て方ひとつ!
       日本人は誰でも日本語を話す!のだから
 環境さえあれば、才能は育つ!
それは、自分で自分を教育することのできた氏の、あたたかい愛の心です。

今の世の中、頭の中は、本やTV等により、知識でいっぱいですが、
その多くはほとんど体験抜きの、単なる知識であって、
自分の人生に、いざ目標を設定して、
歩き出そうとするときには、役に立たないものが多い。

大切なのは何を知っているかということではなく、
今の目の前の課題に、何が役にたつか気がつくことです。
   批評家でいるより、実践家でいたいものです。

人は、その思ったとおりの人になれるのです。
 不可能なんてないのです。
それには、まず、思うこと!
「愛に生きる」は、そのことを教えてくれるのです。

夢をいつも心に思い描き、それに果敢に立ち向かっていく生き方をしたい!
  少しでも自己改革し、自分の中の天才を目覚めさせることです。

音楽って、そんな心に、勇気と、豊かなイマジネーションを
与えてくれるのです。
良い音楽を聴き続けると、良い人になれるような気がします。
  だから、日々、音楽が聴ける生活をしたいものです。

  花に音楽を聴かせると、美しい花が咲きます。
  牛は音楽によって、おいしい牛乳を、だしてくれます。
それでは、より高等な生物である!あなたは???

「愛に生きる」の心を、それぞれの人が、それぞれの分野で、生かして頂きたい。
 私も、未来に大きな夢を描いて、新しい挑戦を繰り返していきたいと思う。

* * *

いじめによる子供の死!!本当にいたましいものです。

人は、育ち方によって、             
 オオカミに育てられた少女にも、
  ヴァイオリンを弾く天才にも、なれます。     
     どちらも、教えられたことを、完全にマスターした結果です。
  命は、そんなにも、尊いものなのです。

   そして、そんな、命を死んでいった子供も、持っていました。
 しかし、夢を見ることなく、葬られてしまいました。
とっても、悲しいことです。
人ごとでは、ないような気がします。
あなたも、私も同じ命を持っているのですから!!!

 才能は生まれつきではない!
  鈴木鎮一著 愛に生きる


 いきあたりばったりのおいらの人生。
  そんな、時々に、出会ったおいらの
   人生の 感性の3種の神器。

  それは、MOZARTの音楽
      鈴木鎮一著 愛に生きる
      自己催眠術         だ。

  それぞれの人には、それぞれの人用の
   そんな何かが、あると思うので、探して欲しい。

  いじめっこは、災難だが、
   世の中には、素晴らしいものが、もっと、たくさんあるから。

  おいらのように、MOZARTの一曲、一曲を、
   聴きはじめたら、よいと思う。
    わかっているだけで、626曲くらい、あるからね。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:育児

おいらの夢の実現方法 [才能教育]

おいらの夢の実現方法。

 何歳になっても、いたずらっこのおいら。

  夢は、たくさん見てきたし、今も見ている。

   夢を、実現するには・・・

 あっちこっちに、ホラ吹いておくことだ。

  会社やめちまうよ。

   オーディオ屋になるよー。

    テレビにでるさあ。

     作曲するぞー。

  ・・・  そんな調子で、みな、実現してきた。





  言葉 

 初めに言葉ありき!
 
  何かを夢みた時、まず、想いがあって、言葉がある。
   「何かになりたいなあ!」 って、想ったら、そんな、一歩。
    しかし、「なりたい!」 うちは、なれないんだね。
  
  そうなるためには、自分がそうだったんだけど、
    「すでに、なりたいものになっちゃった!」 って、
       決めてしまうことだよ。
    そうしたら、そんなふうにやり始めるしか、ないんだから。 
     こうして、歩いていけるんだ!



愛に生きる 鈴木鎮一さんの才能教育 おいらの応用 [才能教育]

愛に生きる 鈴木鎮一さんの才能教育 おいらの応用


 愛に生きる 鈴木鎮一さんの才能教育 

  このことを、日本中のすべての人が、知っていたら、

   どんなに、良いかと、思う。

 実は、今、おいらが、レコード・オーディオ店を、

  やっているのも、心のどこかでは、この本を、

   読んだことが、影響している。

 本を、読んだとき、おいらとして、さあ、何をするか?

  その答えだったんだな。

   そう、ただただ、ヴァイオリンのための本ではないってことだね。

    あなたとしても、何か、チャレンジしてほしいな。




愛に生きる 

才能は生まれつきではない!
人は、その思ったとおりの人になれるんだ!

鈴木鎮一さんの才能教育によって、その実証を、示された時、
私には、人生に対する勇気が与えられました。

人生の中で、自分で自分を育てたいと、心から思ったのです。

小さい時、日々が冒険の毎日だった!
そんな、新鮮な目で、今日を生きたいと思う!

いたずらっこ、いつまでも!!



愛に生きる/パパゲーノ作詞から

こんなに、素晴らしいことだから、
多くの人に、気付いて欲しい
人の命の素晴らしさ!
環境ひとつで変わる命だよ
そんな命を、この自分も、持っている!
そのことに気付いたら、どうする?どうする?
見果てぬ夢の未来の一歩
歩き始めよう、今、ここから!


ひとりの中に、いたずらっこが何人いるんだろう?
そんな、いたずらっこを、探しに、行きましょう!

 

富士山を、誰もが知っているように、日本人なら、知っていて欲しい。
それは、「愛に生きる」 / 鈴木鎮一著
講談社現代新書 No.86 の、心です。
才能は、生まれつきでない !
そんな命を、この自分も、持っている !
ことに、気付かされます。 



お久しぶりです。お元気ですか?
電子メールという、便利な時代の、恩恵に、
少しだけ触れてみたいと思います。  
今日は、私が、BASIC AUDIOを始める、原点となった、
メッセージを、手始めに、お送りします。  
もう、皆様には、常識かもしれませんが・・・
よけいなお世話でしたら、ごめんなさい。




「愛に生きる」の心
   
「人は 環境の 子なり」  松本市 中山霊園の鈴木氏の墓碑

 松本に鈴木鎮一記念館がオープンしています。
  私としては、その形以上に、才能教育そのものを
   多くの人に知って欲しい。

 もう何年も前から、才能教育の原理ともいうべき、
「愛に生きる」という鈴木氏の本を、薦めてきました。
そんな中で最近になって、反応が返ってきた例を書きます。

*    *    *

 あなたの大推奨の本 「愛に生きる」 やっと読みました。
 あちこちの本屋をさがし、知っている図書館を回り、
 今年になって、ようやくある図書館で見つけました。

素晴らしい本です。
音楽を愛する人には自分の大好きな曲を
素晴らしい演奏で聴いたような・・・
   ヴァイオリン、その他の習い事をしている人にとっては、
    とてもはげみになる参考書でしょう。

ではと、回りを見ると、とても肌寒くなる現実が
有るのではないでしょうか。
この本が出たのが昭和41年となっています。
    すでに、30年以上、たっています。

     鈴木先生の考え方が日本中に広まっていれば、
日本は、世界中から大変尊敬される国となっているはずです。

        川崎のNさん (以後便箋4枚)

 皆さん、「愛に生きる」をどうか、読んでみてください。
  以下に、かって書いた文を参考に載せます。




人生の夢を追いかけている人に!

鈴木鎮一著 
「愛に生きる」(講談社現代新書No.86)を
読んで頂きたい !

そこには、自分の可能性を、無限に引き出す方法が、描かれているからです。

この本は鈴木氏が実際に行われた
幼児へのヴァイオリンの「才能教育」について描かれた本ですが、
ヴァイオリンだけに関わらず、
すべての能力開発の原点が、そこにあり、
単なるたてまえ論でなく、実践の書である点が特に素晴らしい。

どの子も育つ、育て方ひとつ!
       日本人は誰でも日本語を話す!のだから
 環境さえあれば、才能は育つ!
それは、自分で自分を教育することのできた氏の、あたたかい愛の心です。

今の世の中、頭の中は、本やTV等により、知識でいっぱいですが、
その多くはほとんど体験抜きの、単なる知識であって、
自分の人生に、いざ目標を設定して、
歩き出そうとするときには、役に立たないものが多い。

大切なのは何を知っているかということではなく、
今の目の前の課題に、何が役にたつか気がつくことです。
   批評家でいるより、実践家でいたいものです。

人は、その思ったとおりの人になれるのです。
 不可能なんてないのです。
それには、まず、思うこと!
「愛に生きる」は、そのことを教えてくれるのです。

夢をいつも心に思い描き、それに果敢に立ち向かっていく生き方をしたい!
  少しでも自己改革し、自分の中の天才を目覚めさせることです。

音楽って、そんな心に、勇気と、豊かなイマジネーションを
与えてくれるのです。
良い音楽を聴き続けると、良い人になれるような気がします。
  だから、日々、音楽が聴ける生活をしたいものです。

  花に音楽を聴かせると、美しい花が咲きます。
  牛は音楽によって、おいしい牛乳を、だしてくれます。
それでは、より高等な生物である!あなたは???

「愛に生きる」の心を、それぞれの人が、それぞれの分野で、生かして頂きたい。
 私も、未来に大きな夢を描いて、新しい挑戦を繰り返していきたいと思う。

* * *

いじめによる子供の死!!本当にいたましいものです。

人は、育ち方によって、             
 オオカミに育てられた少女にも、
  ヴァイオリンを弾く天才にも、なれます。     
     どちらも、教えられたことを、完全にマスターした結果です。
  命は、そんなにも、尊いものなのです。

   そして、そんな、命を死んでいった子供も、持っていました。
 しかし、夢を見ることなく、葬られてしまいました。
とっても、悲しいことです。
人ごとでは、ないような気がします。
あなたも、私も同じ命を持っているのですから!!!

   才能は生まれつきではない!



  鈴木鎮一著 
   「愛に生きる」(講談社現代新書No.86)

  http://myshop.7andy.jp/myshop/papageno-japan?shelf_id=02


才能教育 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。